置き換えダイエットタイミング

食事を置き換えるタイミングはいつが効果的?

 

がぞう

置き換えダイエットの基本は、1日の食事の3食のうちの1食、もしくは2食をダイエット食品に置き換えることです。

 

置き換えダイエット食品には「ドリンクタイプ」やクッキーなどの「お菓子タイプ」、普通の食事に近い「食事タイプ」などがありますが、これを

 

いつ置き換えるかでも効果は変ってきます。

 

それぞれのタイプにはメリットとデメリットがあるので、それも踏まえて、自分が続けられそうな組合せを考えていきましょう。

 

おやつ

がぞう

まず、一番置き換えやすいのが「おやつタイム」です。

 

おやつを食べることで、食事での食べ過ぎを予防する効果が期待できますが、高カロリーのものを食べると、摂取カロリーオーバーの原因になります。

 

クッキータイプの置き換えダイエット食品なら、カロリー面での心配はありません。

朝食

がぞう

朝食は軽めの人が多いので、朝食の置き換えは比較的ストレスが小さくてすみます。

 

「朝食を食べない」という人も多いのですが、3食をきちんと食べることがリバウンドしにくい身体作りでは必至なので、ちゃんと食事を摂りましょう。

 

慌ただしい朝は、さっと作れてさっと飲めるドリンクタイプをオススメします。

昼食

昼食の置き換えは、働いているかどうかなどでも変ってきます。外食ランチの人は、置き換えダイエット食品にすることで、節約もできますが、オフィスでは食べにくい、という場合は無理をせず、朝食や夕食で置き換えてください。自宅で昼食の場合は、ドリンクタイプ+菓子タイプの併用などで、軽めのランチにすればちょうどよいですね。

夕食

がぞう

置き換えダイエットの効果が最も高いといわれるのが夕食の置き換えです。一般的に、3食の中では最もカロリーが高い食事なので、ここでカロリーを下げることで、大きなダイエット効果が期待できるからです。

 

ただし、仕事や家事などで疲れて、やっとゆっくりできる夕食タイムは、美味しいものを食べたい欲求も高いタイミングでもあります。無理に置き換えることで、ガマン感やストレスが生じてしまったら逆効果です。もし置き換えるのなら、満腹感も得られる食事タイプを活用してください。

 

製品のタイプとタイミングの組合せ次第で、減らすことのできるカロリー量や感じるストレス度合いにも差があります。

 

無理やガマンは、ダイエットをつらいものにし、途中で止めてしてしまう原因になります。

 

自分の生活リズムにあった置き換えダイエット食品や、一番置き換えやすいタイミングを把握しておきましょう。

 

 

hhhhh3
1
b1


2
b2


3
b3



関連ページ

デメリットを回避するには?
置き換えダイエットで失敗?このページでは「飽きる」「まずい」「リバウンド」「空腹感」の観点から置き換えダイエット食品のデメリットとその対策を考察していきますよ!挑戦したい人必見!
注意点とは?
置き換えダイエットで注意点ってなに?ダイエットを成功させるには実はコツがいります。カロリー・置き換え以外の食事、そして実は便秘も・・。始める前にぜひご一読くださいませ。
自炊・アレンジレシピ
もし置き換えダイエットを成功させたいなら絶対に自炊しましょう。置き換え食品にプラスして満腹感を高める方法やアレンジレシピなどでストレスなくできますよ!やり方はこちら。
賢い活用方法は?
置き換え食品を賢く活用してダイエットを成功させる方法とは?継続できるか、飽きないか、ストレスにならないかが一番重要!失敗させないポイントはこれだ!