置き換えダイエット注意点

置き換えダイエットで便秘?【失敗しがちな注意点は?】

 

がぞう

食べながらダイエットができるので、無理な制限をしなくてすむ「置き換えダイエット」ですが、どんな食品を選ぶかによって、ダイエットの効果も違ってきます。

 

また、置き換えダイエットでは、1日のうち1食か2食を置き換えるので、残りの食事は普通食となります。この時に何をどう食べるかも大切なポイントです。

 

置き換えダイエットをスタートする時には、3食のうちまずは1食だけを置き換えるところから始めましょう。いきなり3食のうち2食をダイエット食品に変えると、体のプロテクト機能が働き、不足したエネルギーを貯蓄しようとして脂肪をため込みやすくなるからです。これは食事を抜くのと同じ状態です。

 

よくあるのが、「ダイエットをしているんだから、何を食べても大丈夫」という勘違い。

 

カロリーを減らすために置き換えているわけなので、普通食で適性カロリーをオーバーすると、いくら置き換えてもエネルギー過多になって太ってしまう場合もあります。置き換えダイエット以外の普通食も500〜600kcal程度に抑え、総摂取カロリーが1日の消費カロリーをオーバーしないようチェックしましょう。

 

3食の栄養バランスも大切です。普段から不足しがちなビタミンやミネラルなどは意識して摂るようにしましょう。そうした栄養を補った置き換えダイエット食品もあるので、上手に選んで食事の質をアップしたいですね。

 

食物繊維も、ダイエット中はできれば多めに摂っていきたい成分です。置き換えダイエット食品にもよりますが、カロリーを含めて食事の量的にはどうしても減少するため、

 

身体が慣れるまでは「便秘」になる人もいるようです。

 

もともと便秘体質という人もいますが、便通がよくなるような食事をこころがけるのは、大切なことだと思います。便秘はダイエットの敵でもあるので、それが解消されると、ダイエット効果もより高まりそうです。

 

ダイエット中は水を飲むことも大切です。朝起きてすぐに水を一杯飲むことで、腸が目覚めてお通じがスムースになる効果もあります。

 

一日1リットルから2リットルの水を飲む、というダイエットもありますが、そこまで飲まなくても身体に溜まりがちな老廃物を尿や汗で排出できます。

 

高カロリーなものが多いので、間食はなるべくやめたほうが好ましいですが、ガマンするとかえってストレスになる危険もあるので、たとえば食事前などに、少し口にいれて夕食の量を減らしたり、またダイエット食品のおやつを活用したりすれば大丈夫です。

 

こうした点に注意すれば、より効果的で、また楽しく続けやすい置き換えダイエットが可能です。

 

 

 

 

hhhhh3
1
b1


2
b2


3
b3



関連ページ

デメリットを回避するには?
置き換えダイエットで失敗?このページでは「飽きる」「まずい」「リバウンド」「空腹感」の観点から置き換えダイエット食品のデメリットとその対策を考察していきますよ!挑戦したい人必見!
置き換えのタイミング
置き換えダイエットのタイミングはいつが一番効果的なの?三食のうち、どの食事をダイエット食品にかえるべき?こちらでは実際に体験する際に悩む朝・昼・晩の食事についてみてまいります。
自炊・アレンジレシピ
もし置き換えダイエットを成功させたいなら絶対に自炊しましょう。置き換え食品にプラスして満腹感を高める方法やアレンジレシピなどでストレスなくできますよ!やり方はこちら。
賢い活用方法は?
置き換え食品を賢く活用してダイエットを成功させる方法とは?継続できるか、飽きないか、ストレスにならないかが一番重要!失敗させないポイントはこれだ!