置き換えダイエット成功のコツとおすすめ商品

置き換えダイエット成功のコツはコレだ!【失敗したくない人に】

kao

top2

置き換えダイエットおすすめはコレ!【食品人気ランキング】

rank

rank

rank

img

rank


rank

rank

rank

img

rank



rank

rank

rank

img

rank




置き換えダイエットとは

 

置き換えダイエットとは、1日3食のうちの1〜2食をダイエットフードもしくはダイエットドリンクに置き換えて、1日あたりの摂取カロリーを抑えるダイエット方法です。

 

img

置き換える食品は、低カロリーだけれど、ビタミンなど必要なエネルギーが摂れることが条件です。

 

トータルな栄養バランスなどを考えると、カロリー計算や栄養素を含めて考えて作られているダイエット食品を利用するのが一番便利で安心です。

 

スープやパスタ、おかゆなどのレトルト食品タイプや、ドリンクやシェイク系、またゼリーやクッキーなど、非常に多くの種類やバリエーションが出ているので、好みにあわせて選べます。店頭や通販などで手軽に入手できるのも助かりますね。

 

置き換えダイエットのメリットは、食べるのをガマンしなくてもいいところです。自己流ダイエットでは「朝食や夕食を抜く」という方法を取る人もいますが、これは本当におすすめできません。なぜかというと、

 

 身体にはよくない
 集中力を欠いたりして仕事や勉強に支障がでるおそれがある!
 なにより長続きしません。
 1〜2回食事を抜いてもたいした効果は期待できない!

 

からです!!

 

また、ガマンすることでかえってストレスが生まれ、精神的にいらいらしたり、反動で過食症になってしまうケースなどもあります。

 

食べる、という行為は生きていく上で基本なので、そこで無理をしないにこしたことはありません。その点、置き換えダイエットなら、きちんと3食食べることができるので、無理をせずにダイエットを続けられます。

 

ただし、いくら置き換えダイエットをしているからといって、置き換えていない食事で食べすぎたり、偏食をすると効果は半減、もしくはマイナスになります。3食のバランスが取れていることが大切です。視点をかえれば、食生活全体を見直すチャンスともいえます。体重が増えた根本的な原因を改善することも、置き換えダイエットのポイントの1つだといえます。

 

置き換えダイエットは、1日のトータル摂取カロリーを減らすダイエット方法なので、1回の食事量や間食が多く、摂取エネルギーが必要量をオーバーしている人は、効果が出やすいです。また上記のように、食生活がアンバランスだったり乱れがちな人にも向いています。食べるのをガマンしたくない、という人にもお薦めです。

 

その反面、既に痩せている人など、カロリーを減らす必要がない、逆にカロリーが不足しているという人には不向きです。また色々なダイエットに失敗して、リバウンド体質になっている人も要注意です。ダイエットの基本は、健康で健全な身体作りにあります。置き換えダイエットで摂取カロリーを下げるだけでなく、できれば適度な運動を行うことで、エネルギー消費も高めていくとより効果的です。

 

置き換えダイエットがオススメな人

 

どうしても食べちゃう!!という方

img

食事・間食が多くて常にエネルギー摂り過ぎな方は置き換えダイエットがいいかもしれません!

 

ずっとガマンするのはつらいですよね。

 

「1食だけ」

 

というしばりならがんばれるという気持ち、私もそうでした。

 

またその1食置き換えが美味しいものならなおさら!気分もあがりダイエットしている気持ちを維持しつつがんばれますよね!

 

食生活が乱れがちな方

 

仕事が忙しくて朝はいつも食べていないとか、残業で夕食を食べるのが21時とか22時とかになるという方も多いのではないでしょうか。

 

その時の食事を「置き換え食品」にしてみると、無理なくダイエットをすることができます。

 

置き換えダイエット用の商品は栄養バランスやビタミンなどもきちんと考えられて作られていますから、何も食べないよりは絶対に良いですし、夜遅く高カロリーのものを食べることを防ぐ事もできますね。

 

さんざんダイエットに失敗してきた方

img

 

「ガマンが苦手!」
「すぐあきらめてしまう・・・」
「失敗と成功を繰り返して結局太る体質に・・・」

 

このような、これまでダイエットと失敗した経験の多い私のような人、いませんか?

 

無理なダイエットやガマンしなくてはいけないダイエットって結局続かないんですよね。

 

健康・美容に配慮したダイエットがしたい方

 

「痩せたけど顔がしぼんだ・・・」
「ダイエット成功したのに、友達に会うと体調を心配された... 」
「なんだか肌がガサガサになって荒れたみたい!」

 

実は不健康なダイエットをすると、美容と健康に重大な影響があります!

 

過激なダイエットをしすぎて生理が止まったとか聞いたことありませんか?

 

食べるのをガマンして生きていく上で最低限必要な栄養が摂れていないということになっては、本当に本末転倒です。

 

「痩せてキレイになりたい」

 

というのを目指しているのであれば

 

「病的なやせ方」

 

はいけません!

置き換えダイエット成功のコツ!【おすすめ商品選ぶポイント】

 

img

どんなダイエットでもそうですが、「三日坊主」になってしまう危険があります。

 

何度もダイエットしようと思ってトライしてみては、いつのまにかやめてしまっていた、という方は、とても多いのではないでしょうか?

 

そんな失敗をしないためには次の4つのことに気をつけると良いでしょう。

 

置き換えダイエットの場合、せっかく購入したダイエット食品をムダにしないためにも、長く続けていけるコツを習得しておきたいですね。

 

商品選び

 

置き換えダイエットのデメリットをクリアするポイントとも共通しますが、置き換えダイエット食品を選ぶポイントとしては、

 

 

「美味しいこと」
「飽きないこと」
「満腹感・腹持ちがいいこと」

 

があげられます。最近の置き換えダイエット食品は、こうした点もふまえて開発されているものも多いので、商品特性を踏まえて選ぶようにしてください。

 

ただし、美味しさや満腹感には個人差もあるので、口コミなどで実際のユーザーの感想や評価を確認することも有効だと思います。

 

 

変化をつけるのがキモ!

img

 

飽き対策としては、置き換えダイエット食品を数種類用意して適当にチェンジするのが一番有効。

 

また、温かい物や甘い物などで変化をつけたり、他の食品と組合わせたりして、目先を変えましょう。

 

トッピングや低カロリーの食品をプラスするのがおすすめですよ!

 

 

モチベーションを維持するために

img

 

ダイエット効果がではじめて、胃が小さくなってきたら満腹感の感じ方自体も変ってくると思うので、最初を頑張って乗り切ることも大切です。それには「絶対ダイエットを成功させる!」という強い意志も必要です。

 

ブログなどでダイエット日記を公開している人も増えていますが、第三者に見てもらうことでモチベーションを維持できるという面があるので、よい方法だと思います。

 

ダイエット仲間が集まって情報交換したり、応援しあったりするのもダイエットを前向きに楽しむ方法の1つです。同じ置き換えダイエット食品のユーザーのコミュニティなどもあるので、チェックしてみてください。「倦怠期を乗り切ろう!」といった日記も見つかると思います。

 

ダイエットには「停滞期」といって、体質が変っていく時に体重が落ちなくなる時期があります。個人差もありますが、この時は身体の中でダイエット体質への大変換が行われているのですが、数字が変らないので挫折しやすいのです。ダイエット効果が出ているということを理解して、乗り切ることが大切です。

 

 

ストレスを上手く回避すること!

 

img

 

ダイエットで大切なことは、ダイエットそのものがストレスにならないよう気をつけることです。

 

そのために、たまには外食をしたり、1日置き換えをお休みするくらいの臨機応変さも必要です。

 

外食なんてもってほのか!・・・と決め付けてしまうと精神的にもつらくなってきますよね。

 

そういうときは翌日の置き換え回数を増やすことで、

 

トータルなエネルギー量を管理

 

していれば、さほど問題はありません。

 

置き換えダイエット失敗は、置き換えを忘れたり辞めたりのほか、食事関係のストレスから「いつもがんばってるからこのくらいはOKよね?」というように、『リミッターをはずしすぎてしまってのリバウンド』が原因となることが多いもの。

 

「リバウンドしやすい」ダイエット方法であることを肝に銘じ、「無理なダイエット計画を立てない」ということも大事ですよ(*^-^*)

 

 

置き換えダイエットで便秘?【失敗しがちな注意点は?】

 

がぞう

 

食べながらダイエットができるので、無理な制限をしなくてすむ「置き換えダイエット」ですが、どんな食品を選ぶかによって、ダイエットの効果も違ってきます。

 

また、置き換えダイエットでは、1日のうち1食か2食を置き換えるので、残りの食事は普通食となります。この時に何をどう食べるかも大切なポイントです。

 

置き換えダイエットをスタートする時には、3食のうちまずは1食だけを置き換えるところから始めましょう。いきなり3食のうち2食をダイエット食品に変えると、体のプロテクト機能が働き、不足したエネルギーを貯蓄しようとして脂肪をため込みやすくなるからです。これは食事を抜くのと同じ状態です。

 

よくあるのが、「ダイエットをしているんだから、何を食べても大丈夫」という勘違い。

 

カロリーを減らすために置き換えているわけなので、普通食で適性カロリーをオーバーすると、いくら置き換えてもエネルギー過多になって太ってしまう場合もあります。置き換えダイエット以外の普通食も500〜600kcal程度に抑え、総摂取カロリーが1日の消費カロリーをオーバーしないようチェックしましょう。

 

3食の栄養バランスも大切です。普段から不足しがちなビタミンやミネラルなどは意識して摂るようにしましょう。そうした栄養を補った置き換えダイエット食品もあるので、上手に選んで食事の質をアップしたいですね。

 

食物繊維も、ダイエット中はできれば多めに摂っていきたい成分です。置き換えダイエット食品にもよりますが、カロリーを含めて食事の量的にはどうしても減少するため、

 

身体が慣れるまでは「便秘」になる人もいるようです。

 

もともと便秘体質という人もいますが、便通がよくなるような食事をこころがけるのは、大切なことだと思います。便秘はダイエットの敵でもあるので、それが解消されると、ダイエット効果もより高まりそうです。

 

ダイエット中は水を飲むことも大切です。朝起きてすぐに水を一杯飲むことで、腸が目覚めてお通じがスムースになる効果もあります。

 

一日1リットルから2リットルの水を飲む、というダイエットもありますが、そこまで飲まなくても身体に溜まりがちな老廃物を尿や汗で排出できます。

 

高カロリーなものが多いので、間食はなるべくやめたほうが好ましいですが、ガマンするとかえってストレスになる危険もあるので、たとえば食事前などに、少し口にいれて夕食の量を減らしたり、またダイエット食品のおやつを活用したりすれば大丈夫です。

 

こうした点に注意すれば、より効果的で、また楽しく続けやすい置き換えダイエットが可能です。

成功者は自炊してる?【置き換え食品以外の食事は自炊で低カロリーに!】

がぞう

3食のうち、置き換えダイエットを使わない食事は、自炊がメインになると思います。自炊する場合も、1日の総カロリーが消費カロリーをオーバーしないよう、カロリーを抑えた食事を作る必要があります。
つまり、

 

置き換えダイエットを使わない食事の内容って結構大事

 

ってこと。

 

低カロリーな自炊メニューを覚えておくと、置き換えダイエット食品に飽きた時に、うまく組み合わせることで変化をつけることができ、ダイエットを続けていくことも可能です。

 

フルーツ

がぞう

朝食やおやつにいいのが、フルーツダイエットです。フルーツはビタミンや繊維類も豊富なうえ、調理の必要がないのも便利です。

 

バナナ、りんご、キウイなどは、それぞれが単独のダイエットメニューでもあるので、カロリー的にも安心です。

 

ヨーグルトと一緒に食べても栄養的にも美容的にもよさそうですね。

 

スープ

がぞう

スープダイエットも人気です。スープダイエットは野菜を沢山使うことで食物繊維も摂れますし、ビタミンなども補うことができます。

 

中に入れる材料を変えることで、バリエーションを増やして作りやすいのも便利です。スープは作り置きもできますし、美肌効果や便秘解消にも有効なのが高ポイントです。

 

ただし、肉類などタンパク質が不足しやすいので、それはカロリー計算をしながら補う必要があります。また、市販のスープは塩分もカロリーも高めなので、作るのが面倒な時には置き換えダイエット食品を使うようにしましょう。

 

ヨーグルト・寒天・こんにゃく

がぞう

ヨーグルトダイエットは、カルシウムを補い、また便秘解消にも役立つのが評価されています。砂糖は使わず、フルーツや無糖ジャムでバリエーションを楽しむようにしてください。

 

他にも寒天やこんにゃくを使ったダイエットや、おかゆダイエット、海藻ダイエットなどカロリーの低い自炊レシピはいろいろあります。

 

寒天もこんにゃくも、低カロリーなうえ食物繊維が豊富で、コレステロールや血糖値を低下させる効果をもつ貴重な食品です。

 

ごはんもの

がぞう

ごはんが大好き!という方には、少量でも満腹感のあるおかゆが便利です。

 

ふりかけを使ったり、雑炊にしてみたり、バリエーションも豊富ですし、冷凍ストックも可能で朝でも手間がかからず、とても便利です。

 

なにより他の食品より満腹感が得られやすいのも評価ポイントです。

 

ただ、なにごとも無理は禁物!

 

仕事や家事が忙しい場合は無理に自炊せずに、置き換えダイエット食品を使ったり、きちんとカロリー計算されたお弁当や外食などを取り入れましょう。

 

栄養バランスを考えて作らなきゃ、カロリー低いものにしなきゃ、ちゃんと自炊しなきゃ・・・と、自分を追い詰めるのは絶対にやめてくださいね。

 

置き換えダイエットをしていることでいろいろな負担が増えると、『続けていこう』という気持ちが邪魔をされる恐れもあるので、できる範囲でやっていくようにしましょう。

代謝を上げれば痩せる?【失敗なしの置き換えダイエット】

 

「若い頃は食べても太らなかったのに、最近すぐ太る」
「体調不良で食欲がないのに、体重が増える」

 

img

 

・・・それは、基礎代謝力が落ちてきている証拠です。

 

基礎代謝とは、「呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つ」等の生命活動のため=生きていくために最低限必要な最小のエネルギーのことです。

 

通常、1日の総消費エネルギー量のうち、

 

基礎代謝量は約70パーセントを占めている

 

とされています。基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのは筋肉です。体の組織の約40%は筋肉でできており、筋肉の量が多ければ多いほど基礎代謝量がアップし、消費エネルギーも増加します。

 

基礎代謝は成長とともに増加しますが、16〜18歳前後をピークにその後は徐々に減少し、40歳を過ぎると急激な下降線をたどります。

 

運動をしているかどうかなどの個人差はありますが、加齢によって筋肉が衰えて減少してしまうからです。またストレスや寝不足、食生活などの乱れもまた、代謝力を低下させます。代謝力が低下すると抵抗力もダウンするので、病気にもかかりやすくなります。

 

つまり

 

  • 適度な運動
  • ストレスや睡眠不測の解消
  • 食生活を正す

 

ということをまず気をつけてみましょう。

 

加齢や病気などで代謝力が落ちてくると、今までは太らなかった人が、今まで通りの食事だとエネルギー摂取オーバーになるため、太ってしまうのです。

 

特に女性は男性より筋肉の量が少ないので、男性より基礎代謝が低い傾向にあり、より太りやすいといえます。20代半ばから後半以降の女性は、日頃から鍛えていない限り、代謝力が落ちていきます。

 

この場合、ダイエットの対策としては、摂取カロリーを減らすことも必要ですが、代謝力を高めることも同時に行っていくとより効果的ですし、ダイエット効果も長続きします。

 

目先の体重を落とすことが目的なのではなく、長期的に太りにくい身体を作るということです。そのためには無理せずに続けられるウォーキングなどの軽めの運動と、筋肉を保つ適切な食事が重要といえます。

 

置き換えダイエットでは、筋肉や血液・血管を保つのに必要なたんぱく質や、その元になるアミノ酸、他にもミネラルやビタミンがバランスよく配合されています。

 

自分で計算して、というのは大変ですが、置き換えダイエット食品を取り入れることで、食生活を代謝力アップに効果のあるものに改善していくことが可能です。基礎代謝を高めるダイエットはリバウンドが少ないのも高ポイントです。

 

ダイエットにも効果があるのはもちろんですが、メタボ予防や、日々の健康促進のために置き換えダイエット食品を賢く利用してはいかがでしょうか。

 

ダイエットにおすすめ置き換え食品ランキング

rank

rank

rank

img

rank


rank

rank

rank

img

rank



rank

rank

rank

img

rank